また見ぬ明日に願いを込めたい。

弾き語りをしてきまして。

良いイベントでした。
とても。
演者全員が声を揃えた『良かった。』に加えて店長森本アニキも『良かった。』と。
「ライブハウスってイイなぁってなるようなナイスなイベントやりましょうよおぉぉあいつら呼んでさあぁぁぁ」って酔って絡んだ甲斐があったというものです。
「企画してくれてありがとう!」みたいな礼儀正しいご挨拶をステージから何度もいただきましたが、お伝えしたように私がやったコトは『酔って絡んだ』コレだけです。
それがあんな良いイベントになるものですから、世界というのはわからないものです。
みにきた方がフロアに見渡すほど集まってくれたことも含めて、人が動くと結果は予想しがたいものです。良くも悪くも。この場合は良く。
「ただ入間川君、のまれてたで。」
そうなんです。
私のまれてたのです。
個人的には近年まれに見る程に浮き足立っておりまして、かつて岡本まさきや竹内直と弾き語りをやっていた頃のような『必死に空回ってる』状態に陥っていたようです。ひとりで立ったステージの結果を手放しで喜べない悔しさはもちろんあるのですが、「そういう入間川君久しぶりにみたわ」って店長が仰るように、私自身も懐かしい感覚にいまだ浸っております。
雰囲気にのまれるのも、己の全力以上を欲張ってしまうのも、余裕の無いステージで客席に無駄な緊張感を振りまくのも、彼らよりももっと、目を引くステージをやるためにまたやりたい、っていうのも。
そういうのも含めて、私にとって良い日になりました。のまれてましたけど必死に歌った5曲があの場できく人に喜んでもらえていることを願っています。
当日緊張し過ぎて早起きしちゃった私は、決まっていたセットリストを見直して、なんか違う、ってなってあと一曲、雰囲気が変わる一曲をつくるしかないんじゃないのか、いや、クオリティ重視で歌い慣れた曲にしとくべきだろう、おいおい『しとく』なんてイケてないセットリストの組み方しちゃうのかい?しちゃうのかい?それよりもつくっちゃうのかい?
みたいな葛藤の末、その朝つくった曲に差し替えるコトにしました。
そういう急な変更が可能なのも弾き語りの良い点だと思う。後悔はしてない。
エキサイティングな1日だったよ。
2015年1月27日
下北沢MOSAiC
『まだ見ぬ明日に願いを込めて』
曲目:
1. 平和の国行き特急列車
2. 消えゆくプレゼント
3. 繋いだ糸
4. まだ見ぬ明日に願いを込めて
5. アザーサイドクリーチャー

One comment

  1. says:

    SECRET: 0
    PASS:
    今年もまた入間川さんの弾き語りを聴くチャンスを逃しました。悔しぃです(T ^ T)
    Blogの様子の入間川さんを想像してみたんですが…その状況を生で観たかった、感じたかったです。また、1人弾き語りの機会があることを祈ります。いや、作ろうかしら。
    2曲目以降はめったに聴けない曲な故、なお悔しい…
    仕方ないことなんですが…ね…悔しさは消せないのでここで言わせてください。
    ただ、久しぶりにお会いできたし(1ヶ月弱やけど久しぶり感が…)、竹内さん、岡本さんとの対バンということが嬉しかったです。お疲れ様でした‼︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。