ひきがたりのひ

イベントをね。
やるんです。
弾き語りをする人たちを集めて。
僕が好き勝手できて楽しめることをやろうじゃないか、っていつぞやか一緒に飲んだ時に店長に言ってもらったのです。店長の粋な計らいです。
あんまり多くはやりません。今後の予定も展望もないのです。じゃあこんなことをやって意味はあるのかということも気にはなるけど、じゃあ意味のあることってなんなんだろうと思うと、店長と飲んでいた時のような「なんか、疲れちまいますね。」っていう感じになるから、やっぱりこういう日に行き着くんだと思います。

ひきがたりのひ。

僕が店長から「春にでもやろうやー」って連絡をもらったその日に連絡をした5人です。
運良くみんなスケジュールの折り合いが良かったらしく、僕はうれしかったです。

まずは。

村上雄太。

入間川が弾き語りのイベントをやる時には大概いてくれる気がします。
というか僕がライブハウスに行くと大概ゆうたに会える気がします。
なんかみたことあるけど話ができる感じじゃない風な線分で構成されているライブハウスという場所で僕が「おおう、」と声をかけられる人がいるというのはとても大きな出来事だと思います。

全く見知らぬ人で構成されている場所よりも、
薄ぼんやり顔が割れている場所でひとりでいる時の方が「あ、ひとりだ。」って実感しやすいだろ。
それをぶちやぶってくるのがバンドマンだ。こっちの都合なんかおかまいなしにブワーっとくる。
それはステージから放たれる音楽かもしれないし、バーカウンターの前の乾杯かもしれない。
バンドマンの数少ない美点を挙げるとすればそんな感じだ。空気を読まない。だからこちらの空気が良くない時なんかは。バンドマンは悪くない。
ゆうたはそんな感じだ。ブワーっとくる。というか酔っ払ってる。酔っ払ってよくわからない事を言ってくる。だがそれがいい。

僕はゆうたと話をした記憶は結構あるんだけど、何を話したかは覚えてない。
だから、本当にどうでもいいことしか話してないんだと思う。たぶんゆうたもそうだと思う。
損得か色恋かみたいなのでデロデロしてるライブハウスの狭いコミュニティの中だと、気楽になれる話題ってそういうのだから。バンドマンはラーメンの話くらいしかツイートしないでしょう。きっとそうでしょう。執着してる損得や渦巻いてる肉欲とかエゴとかのちょうど隙間らへんで人に見せても大丈夫な辺り。それがラーメンだからでしょう。

ゆうたとラーメンの話をしたことはたぶんないけど、なんかそういう、ラーメンの話みたいなふわっとした感じでぶつからなそうな空気があるような気がする。だからゆうたとまた一緒にやりたいんだと思う。要するにバトルモードな『対バン‼︎』というイベントじゃなくて、ふわっと、ひらがなで表記するような感じのイベントがやりたい時には村上雄太という男には声をかけたいわけなのです。
そんな村上雄太の歌をおききいただきましょう。YouTubeで検索すると彼のアカウントでライブ映像がたくさんでてくるんだけど、どれがイチオシなのかわかるようにしといてほしい。「ようこそ!まずはこちらをごらんください!」みたいなウェルカム感くれよ。15分の動画を全部チェックして回るのは骨が折れるぜ。再生ボタン押しても曲が再生されないものだから、彼が歌うバンド『camome.』のMV貼るよ。

斎田宙如。
poroでカッコイイ人。
ライブの熱量が半端ないしなんか俺がモヤっと悔しい感じの曲をつくる男。
去年弾き語りイベントをやった時に「またやろうな!」って店長に言ってもらった時から「次はサイダ、呼びたいです。」って宣言していたのでこの実現は嬉しい。結構長いこと、会ったらあいさつはするみたいな関係で時々ライブハウスで遭遇してた感じなんだけど、時を経た今も全然変わってなくて、正直お互い「ぶっちゃけよく知らないんだけど。。」みたいな感はあると思う。間違いなくあると思う。でもよく知らないんだけどイベントに呼びたいと思わしめるっていうのはそれはすごいことじゃあないかい。

初めてライブをみたとき、フロアからステージに飛んでくるヤジ?ガヤ?的なやつが別種のものだった。内輪っぽい空気で応答がなされるんだけど、部外者の俺もなんか楽しくなる空気。「この人、愛されてんなー。」ってすぐにわかって一緒に笑っちゃうような。部外者を許容する内輪感が自然にあって。これどうやんだろ?って思ったりして、愛されてんなーが前提だから、愛されなきゃならん、愛されよう、愛されよう?きっしょ。無理じゃん。ってな具合で僕は諦めたような記憶がうすぼんやりあります。

二、三言葉を交わして「また、飲みましょう!」みたいな短時間のコミュニケーションでもそんな空気が伝わるあれは一体なんなんでしょうね。空気。そればっかだな俺。うん、空気で選んでるみたいなところがあります。音楽じゃねーのかよみたいなアレもあることでしょうが、ほら、音って空気を伝わって僕らに届くじゃないですか。なんかそれっぽいこと言った風だけど書いてて俺もよくわからないけどね。

バンドでキレキレの歌とギターでお客さん喜ばせてるけども。けども。声と曲がもうアレだから是非とも弾き語ってほしかった。バンドの映像を貼っておこう。poroは検索にひっかかりにくくて困るぜ。MVもおもしろかったりして好きだけどライブハウスで撮ったガシャガシャのやつの方がサイダ感出ててカッコイイからこっちね。

YUCCI。
「ゆっち」と読むのでしょうけど僕はゆきえと呼ぶ。
知り合って間もない頃のライブの打ち上げで「ブス」と面と向かって言った直後にものすごい速さで顔面を殴られて以来僕はゆきえが大好きなんだけど、同じイベントに出ててもあんまりしゃべることはない。でもイベントに誘ってほしいし、誘いたい。そんな感じで今月の初めにもゆきえが歌うバンド『S.H.E』が主宰するイベントに僕は呼んでもらって歌いに行ったりした。僕は自分が好きにキャスティングしていい機会を与えられてゆきえに連絡した。でもたぶんこの日もあんまりしゃべらないんだと思う。

そうだ、ゆきえが、バンドリハーサルで利用するスタジオの店員さんだった頃があって。超エネルギッシュな髪の色してるのに、ダウナーなスタッフゆきえとたまにエンカウントすると地味に和んだりしたんだけど別に何を話すわけでもなくなんとなく「おおう、」とか言ってスタジオに入るうちにライブハウスでみかけても僕から声をかけてもいいんじゃないかということに勝手にしているわけです。

ゆるっとだるっと話すものだから「建前か?本音か?」とか「僕はこの人を持ち上げた方がいいんだろうか?」みたいなことを考えなくてよくて心地よい空気をつくるようなあれがあるんじゃないかと思う。バンドマンって空気を読まない。持ってる空気で楽にしてくれる。そういうあれがゆきえにあるような気がして、だから彼女は女の子に好かれるんじゃねーかなとか思う。打ち上げでブスとか言ったけど歌ってるとマジで別人なんじゃねーかと思う不思議体験をいつもする。こないだのライブの時はなんていい顔で笑うんだろうみたいな瞬間が端々にあって、もう打ち上げで右フックをもらうことはないのかもしれないと思うと少し寂しい気持ちになりました。
ひとりで弾き語りをするのはみたことないから出演オッケーもらえて本当によかった。
そんなゆきえが歌うバンド『S.H.E』のMVはこちら。

岡本まさき
まさきです。いつの間にかバンド活動を開始していました岡本まさき。
弾き語りで結構長い付き合いです岡本まさき。
僕は車の運転をする時は高確率で岡本まさきのソロ音源をききます。
そのうちちょっと真似して歌ってみて、ああ、やっぱりダメだ、ってなってまたききます。
岡本まさきの何がすごいって、酒気帯びなのにものすごいクオリティで歌うことです。
僕の記憶の中のまさきはいつもお酒を飲んでいて、たぶんライブハウスがオープンする前からもう飲んでいて、「いるみーん!」とか言いながら駆け寄ってくる陽気な姿です。いつもいつも陽気で可愛らしく、お酒を飲んでいない時はつぶされてしまいそうな何かがいつもいつもあるのではないのだろうか、人前に持ち出したりみられたくはない姿の自分を持っているのではなかろうか、と心配になるほど陽気です。

だから僕はまさきとわいわい騒ぐのはとても好きです。でも僕が飲み始める頃にはまさきはだいたい眠ってしまっているので、一緒にお酒を飲んだ、ということは実はあんまりないんじゃないかと思います。それでもなんか楽しいのです。お店の隅っこでまさきは眠っているので話をすることはなくても、そこにまさきがいると楽しい何かがテーブルの上に乗るような気がするのです。なんかそういうアレです。よくわからんけど。きいてみて。

百瀬あざみ。

ここまででおわかりのように僕だいたいの出演者とちゃんとしゃべったことなくてお互い好きな食べ物すらも知らなかったりするような感じなんだけど、百瀬さんはマジで面識しかない。「あ、百瀬さんだ。」って俺がわかるくらいのアレしかない。ライブハウスならセーフ。街中で見かけて「あ、百瀬さん!」って声かけたらアウト。絶対彼女はビクッとして間合いを広げていくと思う。「あ、すみませんおどろかせて。あの、以前我々の企画にお呼びさせていただいた、Riverside Creatureというバンドのメンバーの者です。入間川っていいます。」くらい言わなきゃダメな感じだと思ってた。その間にじりじり距離を詰めようものなら彼女は俺の自己紹介を聞かずに走って逃げてただろうと思う。でもそれでいいんだ。そういうセキュリティ意識を持っててよかったって、俺は安心して近くの自動販売機で缶コーヒーを買って、CMに出てくる「頑張っててカッコイイ男イメージ」の主人公になったような脳内設定で開けた缶を見つめて、「女に声かけて逃げられたよあいつ…」っていう通行人からの目線をやりすごそうと頑張るんだ。

でもハコとか店長の名前出せば大丈夫な感じにならないかなーなればいいなーっていう希望的観測の希望濃いめで声をかけて出演オッケーもらった時は嬉しかった。俺、街中でもあいさつして大丈夫なんじゃないか、って思えたよ。百瀬さんだけは空気じゃないんだ。空気じゃなしに声をかけた。あーもう少しきいていたいなーっていう声に出会った時のことを思い出して。ライブハウスの名前を借りて自分が好きな人に声かけていいよって、店長から言ってもらえたアレを利用して「じゃあ百瀬さんもいっていいすか?」っていう勢いで連絡したらオッケーだった。よかった。

「声が綺麗な女性ボーカル、知ってます。」っていう話の流れで方々で名前を出したりしてるからご存知かもわからんけど改めて映像貼りますね。

そんな人たちを呼んで、歌う日。
ひきがたりのひ。

■3月31日(木)
MOSAiC × 入間川幸成 presents
『ひきがたりのひ』
斎田宙如(poro) / 岡本まさき(popolomonica) / YUCCI(S.H.E) / 村上雄太(camome.) / 百瀬あざみ /
入間川幸成(Riverside Creature)
OP/18:00 ST/18:30 [前]\1000 [当]\1500 +2Drink(\1000)
※座席形式となります。

18:00 OPEN

1.    18:30-18:55村上雄太(camome.)
2.    19:00-19:25斎田宙如(poro)
3.    19:30-19:55 YUCCI(S.H.E)
4.    20:00-20:25岡本まさき(popolomonica)
5.    20:30-20:55百瀬あざみ
6.    21:00-21:25入間川幸成(Riverside Creature)