カテゴリー: バンド

今日はCDの発売日。

3月4日。
Riverside Creatureの新譜『希望のかけら』発売日です。
無事にこの日を迎えられました。おかげ様の様々です。
パッケージした商品を製造する業者さんに、
制作したマスターディスクを納品する辺りから広がる頭の片隅から離れないジクジクと落ち着かぬ気掛かりは、ようやく溶けて無くなるようです。
店舗によっては昨日既に販売を開始しているところもあるらしく、『希望のかけら』は無事お店に並んだコトを、ディスプレイを介し、遠くからニヤニヤと眺めておりました。
お手にとってくれた皆様。どうもありがとう。
落ち着かぬ日々でした。
音源が仕上がったら終了、とはならないもので。
商品が届いたら、これを今度は全国のレコード店に配送する倉庫に送る。
特典は別便で発送する。特典は次から次へと追加が決まる。嬉しいコトだ。
ツアースケジュールが決まる。
MVを撮影する。
告知情報を各方面に送信する。
全国版のCDを発売するのに何が一番大切かわかりました。
報告・連絡・相談。
そう、『ホウレンソウ』です。
これが一番大切です。
遠ざかったはずの社会人の基本スキルとこんなところで再会しました。
メールのレスポンススピードや書類の作成速度こそ、バンドが全国へ羽ばたくための翼だったのです。
斬新なアレンジや素晴らしいメロディなんか二の次三の次です。
レコーディングやミックスのクオリティなんか問題にすらなりません。
なぜって?音源をきかない人も関わるからです。それもたくさん。
いくつも工程が分かれてて、それぞれが細かく分業されてて。
その作業のひとつひとつに、パッケージされた中身は影響しないんだ。
でもそこは通過しなきゃならない。
なぜか。それを開けてくれる人の手に届けるためだ。
そういう意味で、
報告・連絡・相談。
社会的な営みに加担した誇らしさと後ろめたさが混在する中、
たくさんの人が関わるんだなぁ、とそのひとつひとつを想像するしかないくらい遠くの作業の進行に思いを馳せてですね、
最終的に、それらの流れに不安を抱かなくて済む今日を迎え、
安堵と共に感謝に行き着いたワケです。
どうもありがとうございます。たくさんの人の支えを受けて、我々は作品を発表するコトができました。
そして、その作品は、誰にも開けられずきかれないままだったらただのプラスチックの何かで、きく人が再生して初めて『音楽』と呼ばれるモノとして完成します。
そこまで人が関わっています。たくさんの人が。ありがとうございます。
流通に際しては二の次三の次とお話しました楽曲に関してですが、
制作時期には、中身のクオリティは私ができる最大限を、最優先で取り組みました。
別件の制作依頼は一旦ストップし、時々食事や睡眠、娯楽の誘惑に多少負けながらも取り組みました。
作詞・作曲・アレンジ・録音・編集・ミックス・マスタリング全工程に加え、今回はパッケージされた中身の印刷物も全て手掛けました。
毎回制作が終わるたびに、それなりに経験値を獲得し、
毎回「次はもっとスピーディかつスムーズにいける。」と思うのだけど、レベルアップして生まれた余力分を足しても何故か必要とされるエナジーは減るどころか増していく不思議。
制作中に逸したモノが、かたちの有る無しを問わずあったものだから、『なくした』に意識を奪われないように没頭する快感の元である制作作業がすぐ手元にあるのも幸いでした。
楽しいもしんどいも、いつもよりたくさん戯れながらつくった作品です。
そういう意味でもこれまでの作品とはまた違った思い入れがある一作です。ただ「全国版!イェー!」ってだけじゃなくて。
もちろん関わる人が増えて嬉しいお話が舞い込むたびに「全国版!ウェーイ!」ってなってるんだけどね。
希望のかけら。
届いたら嬉しいです。
Riverside Creature『希望のかけら』|amazon.co.jp

新譜の特典(ポストカード)のやっちまったお話。

新譜『希望のかけら』のお話です。
「予約したよ!」
「CD出すの?買うよ!」
なんてお言葉をいただけたり、
方々でお力を貸してくれる人が近くや遠くにいたり、
メンバーもこれまで以上にグッとケツの穴引き締めて頑張っていたりで、
決して楽ではないこの道をなんとか進んでいられています。
どうもありがとう。
お店に並ぶCDもできあがってですね、
既に全国に配送する倉庫的な場所に送って、少しずつ気が楽になっていっている状況です。
そんな折、新しく特典のお知らせです。
indiesmusic.com
というサイトをご存知でしょうか。
インディーズに特化したショッピングサイトでして、
CDはもちろんダウンロード音源の購入やらTシャツとかのグッズ販売もやってるぜ、インディーズだぜ、っていうサイトですが、
リバクリの新譜は全国版ですから。
こちらでもお取り扱いをしてくれるコトになりました。
ココで買うと特典が付きます。というようにしましょう!という企画をいただきまして。実現しました。なんとか。
こんなポストカードが付きます。
片目のあいつです。

Riverside Creature『希望のかけら』|indiesmusic.com
全国の無類のポストカードマニアの方、ぜひごけんとうのほどよろしくおねがいいたします。
本当はタワレコ特典と同時にアナウンス、っていうのが綺麗な流れだったのですが、私の二本の腕では音源の完成と特典の完成のタイミングを合わせるのが間に合わなかった事情と、完全なる私ひとりのミステイクが合わさり、このタイミングでのお知らせとなりました。
CDを倉庫的な場所に発送するタイミングで、同じく各種特典なども送るよう指示がくるわけなのですが、我々はインディー中のインディー、もう独立宣言をしても誰もきいてる人がいないんじゃないかぐらいの独立したインディーバンドなのでそういう手配も自ら率先してやるワケです。
なんなら発送業者の指定まで、お気に入りの黒猫ちゃんにできちゃうくらい自由度高いインディーズバンドなんですRiverside Creatureは。
レーベルオーナーの森本さんと指示事項の確認中、発送物品リストに覚えのない項目があって、
「このimc特典ポストカードってなんすか?」
と、こうなったわけなのであります。
なんならちょっとケンカ腰でしたからね。
特典はステッカーでしょうと。
どこぞのバンドと間違えて送ってるのかと。
誤爆メールで生まれる嫉妬みたいなものですよ。
「何よ火曜日のって!!寝てるって言ってたじゃない!」
みたいなあれですよ。違うか。
でも「なんすか?」って送った直後なんですけど、
『ポストカード』っていう単語が僕の後頭部辺りをジクジク刺すような細かい感触となって広がり始めてですね。
ものの数秒でそれは『焦り』とか『申し訳なさ』の形状をとっていきまして。
慌てて森本さんとの通信履歴を遡りました。
震える指先で画面を撫でつけ、
その形成されつつあった嫌な予感が一瞬でそびえ立つ一言を見つけました。
『特典ポストカード、いけます!』
もちろん送信者は僕です。
ほら、インディーの中のインディーですから。
特典の有無や制作や手配なんかの裁量権もがっつり握れちゃうワケですよ。直後にがっつり手放してたわけですけども。
ああ、『失念』ってこれだなぁ、ってしみじみ思いました。
このやりとりが、まだ音源のミックスを行ってる時期で、
CDのジャケットとか中に入ってる印刷物も併行してつくってる時でした。さらに次々と制作の企ても舞い込み、何重もの締切への牽制、リリースに際しての不安、予想販売枚数や告知頻度の監視の目への焦りと苛立ち、時々息抜きと称した現実逃避の映画鑑賞やゲーム、深夜のイタ電、抑えられない飲酒欲求などで僕の頭の中はいっぱいでした。
そうです。そうなんです。言い訳なんです。
すっかり忘れてました。てへ。
ソッコーでネタ帳めくったりフォルダあさったりして、
加治と五十嵐のアー写にムキムキマッチョのフリー素材使ってちょろっと修正かまして印刷するプランAと、
コレを機にかきたかったけど後回しになってるあれこれの中からかいてしまおうじゃないかプランBとで、
数秒間めちゃくちゃ悩んだ結果鉛筆を抜きました。

最初につくったアルバムの中に入っている『片目のロボット』という曲をつくる時に想像した情景を思い浮かべて、忘れてるところはなんやかんや補ってかきました。
先着購入特典というコトで。
無くなり次第終了です。
我々の音源の購入を考えている無類のポストカードマニアの方、いらっしゃいましたら、このブログのコトを頭の片隅にでもおいていただけたら幸いです。
Riverside Creature『希望のかけら』|indiesmusic.com
発売前に間に合ってよかった。本当によかった。
黙ってれば全然しれっと流せたアレだけど、
なんかもう誰かに話したくて。でもこんなんいきなり言われても「え、なにこのひとこわい」ってなるしかないのでこの場で懺悔とお知らせをまぜまぜしてお送りいたしました。
間に合ってよかった。

また見ぬ明日に願いを込めたい。

弾き語りをしてきまして。

良いイベントでした。
とても。
演者全員が声を揃えた『良かった。』に加えて店長森本アニキも『良かった。』と。
「ライブハウスってイイなぁってなるようなナイスなイベントやりましょうよおぉぉあいつら呼んでさあぁぁぁ」って酔って絡んだ甲斐があったというものです。
「企画してくれてありがとう!」みたいな礼儀正しいご挨拶をステージから何度もいただきましたが、お伝えしたように私がやったコトは『酔って絡んだ』コレだけです。
それがあんな良いイベントになるものですから、世界というのはわからないものです。
みにきた方がフロアに見渡すほど集まってくれたことも含めて、人が動くと結果は予想しがたいものです。良くも悪くも。この場合は良く。
「ただ入間川君、のまれてたで。」
そうなんです。
私のまれてたのです。
個人的には近年まれに見る程に浮き足立っておりまして、かつて岡本まさきや竹内直と弾き語りをやっていた頃のような『必死に空回ってる』状態に陥っていたようです。ひとりで立ったステージの結果を手放しで喜べない悔しさはもちろんあるのですが、「そういう入間川君久しぶりにみたわ」って店長が仰るように、私自身も懐かしい感覚にいまだ浸っております。
雰囲気にのまれるのも、己の全力以上を欲張ってしまうのも、余裕の無いステージで客席に無駄な緊張感を振りまくのも、彼らよりももっと、目を引くステージをやるためにまたやりたい、っていうのも。
そういうのも含めて、私にとって良い日になりました。のまれてましたけど必死に歌った5曲があの場できく人に喜んでもらえていることを願っています。
当日緊張し過ぎて早起きしちゃった私は、決まっていたセットリストを見直して、なんか違う、ってなってあと一曲、雰囲気が変わる一曲をつくるしかないんじゃないのか、いや、クオリティ重視で歌い慣れた曲にしとくべきだろう、おいおい『しとく』なんてイケてないセットリストの組み方しちゃうのかい?しちゃうのかい?それよりもつくっちゃうのかい?
みたいな葛藤の末、その朝つくった曲に差し替えるコトにしました。
そういう急な変更が可能なのも弾き語りの良い点だと思う。後悔はしてない。
エキサイティングな1日だったよ。
2015年1月27日
下北沢MOSAiC
『まだ見ぬ明日に願いを込めて』
曲目:
1. 平和の国行き特急列車
2. 消えゆくプレゼント
3. 繋いだ糸
4. まだ見ぬ明日に願いを込めて
5. アザーサイドクリーチャー

ステッカー。

新譜の、タワレコ予約特典のステッカーが今朝届きました。
サンプルを手に取ってみたのですが思った通りに仕上がっていました。よしよし。
たかがステッカー。されどステッカー。
コレがタワレコに出荷されて、CDと一緒に持ち帰ってもらうのだと考えると、
包装してあるクラフトペーパー越しに祈祷でもしたくなります。
ライブ会場で手売りしているCDの梱包を、
ツアー前の深夜とかにまとめて部屋にこもって行うのですが、
その時に近しい何かを込めておこうかと思います。
たかがステッカー。されどステッカー。

ひとりぼっち。

やあ。
弾き語りをするです。
ひとりでステージに立つのは2013年以来の出来事です。
夏イベントだったワケなのですけども、浴衣を着て弾き語りなんてコトはおそらく最初で最後の出来事だった事でしょう。
女の子が浴衣を着て現れたらそれは『褒めろ』の意です。
それは『止まれ』の標識よりも明らかなサインです。
違反者は罰金を取られても文句は言えません。褒めましょう。
私は女の子ではないので「サナトリウム」とか「結核」とかいう単語がライブハウスに飛び交っておりました。
あの日のコトは、今も懐かしく思い起こされます。
思えば、『筋トレ』という単語に強く反応しだすようになったのは、あの日を境にしてからかもしれません。その辺の記憶はもう定かではないのですが。
時を隔てて2015年1月27日。
会場は同じく下北沢MOSAiC。
「こんなメンツで弾き語りの企画あったら、イイなぁ。」
ってアルコールでふわふわした頭で言った絵空事を、
アニキ森本氏が実現に向けて動かしてくれました。
ありがとうアニキ。
そんなメンツは以下の通り。
▪︎竹内直
かつて、そうちょうど浴衣なんぞを着てステージに立っていた頃、
よく一緒に、ライブをやっていた男です。
最近は節目節目で顔を合わせるんだけど、なんかバタバタとしていてあまり話もできないのでこうして弾き語りのライブイベントで一緒になるのがとても嬉しい。ただしと弾き語りのイベントやってた頃の懐古から私の酒席のふわふわが始まったみたいなとこがあります。
この動画の歌ってる人です。

▪︎岡本まさき
素晴らしく綺麗な歌声だ。
動画は私が一番好きな曲『ボレロ』
この曲紹介を初めてきいた時に「コイツは頭おかしいんじゃないか?」っていう理由で好きになったんだけど曲を、歌をきいて私はこの男に大きな敬意を抱くようになりました。
今でも岡本まさきの弾き語りアルバムは私の移動中のフェイバリットディスクです。
細かく言うと、酒気帯びでも歌のクオリティが変わらない特殊能力も嫉妬の対象です。

▪︎村上雄太
ライブハウスや打ち上げで一緒にお酒を飲んでる事の方が雄太さんとは多いかもしれない疑惑。バンドや弾き語りと、活動ペース早くて絶対忙しいだろうと思っていただけに「でるからね!よろしくね!」ってきいた時には嬉しかった。『精力的な活動』というにふさわしい活躍を見せる村上雄太はホントどこでも見かける気がする。この動画で歌ってる人です。

▪︎大森一樹
かつてレトロフィッシュというバンドで、Riverside Creatureの企画に出てくれてお近づきになったのが、そのバンドで歌っていた大森君。
彼が歌ってる音源あるかなーって探したらレトロフィッシュのオーディオリーフが出てきた。これの『夕凪』って曲のメロディが素敵でおそるべきやつだなぁと思ったりしてました。
レトロフィッシュが解散する時に、上記の竹内サンが「レトロ解散するなら曲くれや。」って冗談ぽく言ってたけど、『夕凪』は俺もどっかで歌ってみたいなーって思ってます。
レトロフィッシュのオーディオリーフ

こんなメンツでお届けする夜。
Riverside Creatureの新譜にまつわるあれこれの作業の息抜きにつくった曲でもやろうかと考えています。
2015年1月27日(火)
MOSAiC presents
『まだ見ぬ明日に願いを込めて』
-出演-
入間川幸成 (Riverside Creature) / 岡本まさき / 村上雄太 (テトテ) / 大森一樹 (ex.レトロフィッシュ) / 竹内直
OP/18:30 ST/19:00 [前]\1000 [当]\1500 +2Drink(\1000)
※座席形式となります。