舌の位置。ピックの角度。

寒い。手が冷たい。もうイベントが始まってから4時間くらい経つのにこの地下の密室は寒い。人、結構入ってるのに。
楽屋はもっと寒い。なんだこの風。どこから来てるんだ。

前の演者、最後の曲。これまで8組。10分押しくらい? 5分で準備すればスケジュール5分押しで始められる。
トイレ。トイレに行っておこう。

手が冷たい。あとベタベタする。冷たい。
ギターケースごとステージに上がる。
マイク、持ち込みです。935。あれ、945だっけ?935。935だ。見てないけど935だったはず。
チューナー。カポ。マイクスタンドに挟む。
ギター。ケーブル。ケースはステージの端に置いておこう。楽屋に置いたらS.H.Eが通れない。
ギター。ケーブル。プラグイン。
チューニング。E、A、D、D、D、合わない。グイッと下げてもう一回、D。よし、G、B、E、もう一回下のE。OK。

サウンドチェック。コードストローク。F# G A B。ストローク。ストローク。
信号行ってない? 音出てない。ブラグ挿し直します。ストローク。ストローク。出ない? 出ない。
機材トラブルですね。ではステージさん、マイクでギターの音拾ってもらっていいですか。
ありがとうございます。あ、そこだと右手振った時にぶつかるかも。
ブリッジ側からマイク狙う、それいいですねPAさん。あ、ブリッジ側ですステージさん。PAさん卓からもう一回言ってるじゃないですか。ちょっとイラッとした空気乗ってる。前からじゃないです。ブリッジ、ココですココ。この方向で。あ、そうそう。横から狙ってもらって、そう。それなら右手がぶつからない。

ストローク。ストローク。
やばい、遠い。いまだかつてない最も小さなギターの音。
いやいや。むしろプラグ側のチェック甘くてすみません。
歌はものすごく小さい音で返してもらって。はい、コレでいきます。
21時4分。セッティング6分巻き? スケジュールから4分押し。
21時24分まで歌える。はじめよう。よろしくお願いします。
いきなり歌い始める感じじゃないな今日な。入間川幸成です。よろしくお願いします。

Cから。あ、手震える。すごい震える。舌の位置。ピックの角度。舌の位置。
歌い出し、歌い出し、『ミ』だ。「水際」の『ミ』。

ああ、遠い。音遠い。ギターの音に包まれない。歌はよく聞こえる。声震える。息が多い。吐いて。もっと吐いてから。
手震える。舌の位置。ピックの角度。舌の位置。

フロア見えない。いや、見える。光が見える。逆光? 前当て?っていうんだっけ。目が泳がないように。視線をとどめるのはあの光にしよう。あ、違う。顎上がる。あっちの光にしよう。舌の位置。ピックの角度。

高音は震えない。スッと。息吸いすぎない。舌の位置。
サビ終わった後の歌い出し、最初の発音。『モ』はっきり。「モノクロ」の『モ』。

ああ、いつもっぽい。いつもっぽくなってる。ギターだけ遠い。マイクに少し寄せる。ぶつからないように。

少し声も遠い? フロアの回り込みの音っぽい。
PAさん、声、やっぱり少しだけ返してください。
二曲目。カポ。2フレット。
ストローク。テンポ少し早い? ゆっくり。まだ手震える。舌の位置。ピックの角度。
あ、聞こえる? ギター聞こえる。
聞こえるようにしてくれたのかな。俺のハートの問題かな。聞こえる。
この曲は。重すぎず。でも軽くもなく。強く歌わない。今日はマイクから少し遠い。舌の位置。
フロア見える。今日、人多い。顎引いて。舌の位置。
聞こえる。どっちも聞こえる。悪くない。ピックの角度。
最後の音はブリッジの端からゆっくり手を当てていく。慌てない。手震えてる。ミュート。OK。

MC。ちょっと声張り気味で。目線は泳いでもいい。あっちの目。こっちの目。
このイベントの趣旨。続けるってすごいよね。あ、なんか偉そうに上から言ったっぽく聞こえた感じの笑いが出た。
違う、尊敬? 敬意を払う? の柔らかい言い方。ないわ。いいわ。
お金の話。義援金。金。結果。人の注目。企画の成長。「生臭いわー。」いいよ。そのガヤ。ちょうど良くなる。ありがとう。俺のお金への執着、リョウスケらへんのガヤ。それで完成する。この話。ありがとう。
カレー。1杯300円。全額義援金へ。今日はカズキがカレーを作るカズキッチン。「名前ダセェ。」いいよ。その辺のガヤ。いつもっぽい。いつもっぽくなってる。笑ってる。悪くない。

「悪くない。」が偉そうにきこえたかしら。「良い。」とは言えない状況、でも「悪い。」も違う。普通? 普通ってなんだ。良いと悪いの間でもない。悪くない。
良い悪いの両端を持つ線上から、少し離れた小さな点がほんのり熱を持ち始めてるような感じ? これなんて言えばいいんだ。わかんね。悪くない。
これまでいつもカレー作ってくれてたオノさんの話もしよう。このライブハウスのファーザー、オノさんあってのカレー義援金システムを初めて来てくれた人にも教えてあげなきゃ。背景とか奥行きがあったほうがたぶん楽しい。カズキが引き継いだっていうストーリーもいい。
4分しゃべった。主催者S.H.Eのヨイショと、この企画の趣旨、義援金システム、言いたいことは言えたかな。忘れてる気もするけど、あと9分しかない。歌おう。

カポ。5フレット。
舌の位置。ピックの角度。舌の位置。歌い出し、『タ』。よし、出た。
歌詞を考えすぎない。それは違う感じになる。重すぎず。軽くなく。舌の位置。ピックの角度。
伸びる。悪くない。ああ、そういえばもう寒くない。
あ、声割れる。ノド、力抜いて。マイクからも離れる。舌の位置。舌の位置。
見える。フロア。目が合う。離れる。合う。離れる。舌の位置。ピックの角度。

最後の曲の前に一言あいさつ。
カポ外す。ストローク、ストローク。ちょっと遅い。早くして、ストローク。
やばい歌い出しなんだっけ。なんだっけ、なんだっけ。
Gストローク、やばい、Aストローク、あと1小節。『カ』だ。「飾り気のない」の『カ』。
低い。声震える。今になって? 舌の位置! ピックの角度!
ストローク強い。力抜いて。声割れる。力、いいか。これはノド鳴らして歌おう。
ギターの音、綺麗に外で鳴ってるかな。今日のPAさんこれまでの出演者8組のアコギの音、全部綺麗に出してたから大丈夫よね。たぶん。大丈夫よね。みんな弾き方違うのにすごいわ。大丈夫でしょう。
終わった。9時24分。ぴったり。やった。「ピッタリ。」言いたい。でも言わない。ありがとうございました。

カレー食べれそうな感じする。

悪くない。ありがとう。