歌詞の書き方のお話。

そう、
我々この新年一回目のライブの日に、
会場でアンケートをお配りしたのですけども。
ご協力いただいてありがとうございます。
そこにひとつご質問をいただいておりましてね。
『歌詞の着想はどうやって得るの?』
みたいな内容でした。
疑問に思って、それを伝えてくれた方が、
このブログをみてくれるかどうかはわからないけど、
ステージの上で話す内容でもないので、
ココに書こうと思います。
歌詞の書き方は、
あんまり決まってないです。
■文章をざーっと一気に書いて、
それを歌詞サイズにまとめる
■タイトルが思い付いたら設定を箇条書きにして歌詞にする
■風景をざーっと書いて登場人物をその中で動かして歌詞にする
■ユキメモに蓄えられたワンフレーズだけ歌にしてそこから膨らまして歌詞にする
みたいな感じで書きます。
大雑把に分けると4種類くらいだった。
初めて書き出してみたけども。
あんまり多くなかった。
自分の中では、もっと手当たり次第にいろんな方法で歌詞にしてるつもりだったんだけど。
その時々でだいたい上の4点のどれかか、
いくつかが組合わさったりしてます。
特にこういう時だからこうしよう、
みたいな目的はなくて、その時の気分だと思います。
それで、着想というと。
映画とか本とか漫画だったりです。
といっても、
ラピュタみててそれを歌詞にする、とかじゃなくて。
もうちょい抽象的な感じ。
たとえば、おっさんが若者を諭す映画のシーンとか。
思い悩む少年のモノローグとか。
そういうのを思い出して、
「おっさんこう言ったら若者すげー困るだろうな。」
とか考えながらキャラにする。
そのキャラを、
自分の思い出の場所に連れて来てみたりする。
だから歌詞として描写してないけど、
だいたい自分のこれまで見た場所とか、
人からきいて想像した風景を見ながら書いてるコトが多いです。
ので、
上の質問には、
『本とか、映画などの既存の創作物。
あと俺の思い出。設定と仮定で縛った気持ちの想像。』
みたいな感じになります。
あと、
日常でふと頭に浮かぶ、
「なんでこういうコト思っちゃうかな。言っちゃうかな。しちゃうかな。」
みたいな疑問からスタートする時もあります。
それは自分に対しての疑問と、
自分以外の人に対しての疑問両方。
そこに『もしも』をいっぱいぶつけて出てくるものをだーっと書く。
投函できないお手紙みたいなモノが最初にできて、
そこから形が変わっていきます。
こんな感じです。
こうやって文章にしてみると思った以上に頭の中整理できますね。
元々そういう役割も期待してブログ書いてるみたいなトコもあるけど、
いつも書いてる記事とは違って。
歌詞に関して自分で振り返って文章にするとまた違った印象を受けて、
今軽く驚いてます。
書いて良かった。
ホント、ありがとうございます。
他にも質問とかあったら、
アンケートとか、メールとかに書いてみてください。
『身長何センチですか?』
みたいなのでも歓迎です。
地味にサバ読む自分のセコさとか、
自分の内側の新たな発見に繋がるから。
ちなみに170センチです。ええ。170センチですよ。
-------------------------------
-------------------------------
■新曲『ログアウト』無料配信中
もしよかったら、
あなたのポッケに入れて、
外に連れ出してやってください。
コチラから無料ダウンロードできます。
■つぶやいてます。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
■ホームです。
Riverside Creature official website
-------------------------------
-------------------------------

2 comments

  1. says:

    SECRET: 0
    PASS:
    入間川さんこんにちは。
    アンケートでなにげなく書いた質問を取り上げてもらえるなんて思わなくて、おもわずコメントしちゃいました。答えてくださってありがとうございます。ブログ愛読してます!
    入間川さんの歌詞の世界観って、まっすぐでとてもきれいだなぁと思っていて、どうしてこんな歌詞をかくんだろ、かけるんだろって不思議に思ってました。
    このブログを読んで、少しだけ入間川さんの思考過程が覗けた気がしてうれしいです。
    ブログの更新、これからも楽しみにしてます。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >えさん
    こんばんは。コメントありがとうございます。
    質問を投げてくれたご本人の方に俺なりの回答が届いてよかったっす。
    あのご質問って、歌詞みてくれた人じゃないと投げないよなーって、じわっと嬉しくなったので、初めて自分で振り返ってみました。勢い余って自己分析っぽくなった結果、思わぬ副産物を手にして感謝しているのは記事に書いた通りです。ありがとうございます。重ねて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。