お誕生日会。

やあ。
ユキだよ。
加治藤田入間川とで、
ミーティングを行いました。
私はディスプレイの前にいると、
何かと活発なので今回はSkypeで。
Skype超便利。音クリアだし。
途中マイクから離れた加治君の歯みがきのシャカシャカ音まできこえる程に。
バンドマン同士、
イベントの打ち合わせなんかする時にはとても都合のイイツールじゃないかな。
時間と場所に縛られない。
「ちょっと話せる?ファイルもシェアしながら詰めたいトコあるんだけど。」
みたいな感じで、
イベント原案とか、チラシデザインとかその場で開きながらできるぜ。
さあ。
2013年一回目のライブ日程が近付いてきました。
1/13(日)
新宿Live Freak
我々と仲良くしてくれるナイスなバンドS.H.Eの亮輔ストラグルの誕生日イベントです。
めでたい。
そうです。
このブログで以前記事書いた、
俺の使ってるギターにストラグルカスタムを施してくれた彼です。
この男です。
この男の誕生日です。
$川辺の語り部
日本語喋れます。
Twitterチェケラ
めでたい雰囲気でガツッと新年の勢いに乗りたいと思います。
小さい頃さ、
『お誕生日会』的なものがあってさ。
近所の同い年くらいの子供達を、
誕生日の子の家にその子のお母さんが、
ママネットワークで招いて、
ケーキ食べたり遊んだりするやつ。
俺たぶん二回くらい近所の子に招かれたんだよ。
同じ子じゃなくて。
そういう、
近所の人を招いてパーティー的なコトを催すご家庭とは、
我が家はあまり繋がりが無かったハズなんだけど、
なんか声がかかったんだろうね。
「おいでよ。」
「うん。」
みたいなノリで行ったんだと思う。
まだ小学校にも入ってない頃。
すごいんだ。
お菓子とか、おもちゃとか、
俺の興味をそそるモノがたくさんあって。
その家のお母さんとか、そのお友達の大人の人とか、
すげー良くしてくれるの。
でもなんか落ち着かなくて。
あんまり喋らないで端っこの方にいた気がする。
あれ、今思うと劣等感だなって。
子供を喜ばせる条件が整う程に、
「なんか、ここ違う。」
って自分が遠ざかっていく感じが強くなって。
当時はそんなん考えてないけど、
今振り返ったらそういう感覚は持ってたんじゃないかと。
だってそれ、小学校入っても高校卒業しても成人してもあるから。
あー、ここ、俺、お呼びじゃないとこだわー。
可愛いコがいて、お洒落な人がいて、
お金の匂いがして、通俗的な笑顔が溢れてて。
あー、お呼びじゃないとこだわー。
って、壁際に立ってネクタイで眼鏡拭いたりしたりね。
参加の仕方を、昔も今も間違った結果なんだよ。
つーか祝えや。祝え。全力で祝え。おめでとうと言い続けろ。引かれるほど言え。逆に遠ざけられる程言え。
ってぇ話ですよ。
せっかく今思い出したので反省すべきですね。
その場にいる人に何か残そうと頭回してたら、
そんなんなってる暇は無いハズなんだ。
無条件で祝う心があったら自意識はもっとまともに働くって。
それが間違ってるから、逃げたくなってる。
ってのに気付くハズなんだ。
一回でもコイツ笑わせてやろとか、
ちょっとでも喜ぶ何かをしようとか、
もう逆にコイツにケンカ売ろう、みたいなのでも。
アウトオブプレイス感が一気に払拭される。
卑屈になってた自分に気付ける。
世界は働きかけを待ってる。
会場は参加者にのみ反応してくれる。
失敗しがちなのに、懲りずに連れ出してくれる人達のおかげで、
世界に参加を決意してから、
少しずつうまくいくようになりました。
たまに失敗しちゃうけど。
お誕生日会とか、めでたい場所は特にね。
だから来週のイベント、結構気張ってんのさ。
でも楽器持ってるから。
楽器持ってこいって言われてるから。
遠ざかる事は無い。
参加者として、
残せるかスベるかのどっちかで。
年初めから挑戦の日かしらね。
仮に、俺がものっそいスベッてしまったとしても、
それは、あの遠ざかる感覚とはかけはなれた、
参加者が被るアレなので、
その時点で俺の過去の過ちは改められてるコトになるから、それはそれで成功みたいなアレだけども、今からそんな言い訳がましいのもアレだし、とにかく来週のめでたいあの場所では、幼少のあんな感じだと、「うわさっぶ何やコイツ!!」みたいになるだろうからひたすら参加、します。っていうか楽しそうなので全力で参加します。
ものっそい、こっち側からエナジー飛ばします。
-------------------------------
-------------------------------
■新曲『ログアウト』無料配信中
もしよかったら、
あなたのポッケに入れて、
外に連れ出してやってください。
コチラから無料ダウンロードできます。
http://frekul.com/artists/profile/rc
■つぶやいてます。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
■ホームです。
Riverside Creature official website
-------------------------------
-------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。