出会い系のお話。

やあ。
ユキだよ。
元気かい。
体調が芳しくない人も多い時期みたいだね。
俺は、ネットでそんな情報を追いかける、
不健全極まりない過ごし方を部屋でしてるけど、
体調は良いよ。
体に関しては、だいたいの不調はすぐに治るよ。
献血でこの免疫の強さも提供できたらイイのに。
どうだい。
疲れていやしないかい。
新しい年に期待を詰め込み過ぎても、
それを抱えて進むのは結局自分だからね。
妥協しろって言ってるんじゃないんだ。
ただ、節目ってやつには、
何か変わるんじゃないか、
素晴らしい出来事が始まるんじゃないかって、
いつも以上に期待して、時々周りに押し付けて。
それが時間を経て少しずつ自分を苦しめ始める事が結構あるって事は、たまに思い出したらイイんじゃないって思うだけなんだ。
それを踏まえて、
「負荷かけてパワフルに進んでやるっちゅーねん!!」
っていう抱負でもって日々を過ごすなら、
それはもう素晴らしいコトだけども。
新しいコトが始まったりして、
初めて出会う人も増えたのじゃないかしら。
俺もちょいちょい初めましてをしつつ過ごしてます。
『出会い』って表現は若干使いづらいんだけど。
ほら、インターネットと携帯電話普及時代のメールとかSNSなんかで、
いかがわしい文脈で使われ過ぎたせいか。ね。
辞書的な意味でね。多いと思うんだ。出会い。
出会いのお話。
『苦労話を面白くできる人』
っていうのを、出会いっつーやつにおいては強く意識します。
というか、
そういう人には自然に前のめりになるコトに気付いたんだ。
前提として、
苦労を恥と思わない朗らかさというか、
爽やかさというか、
ちょっとズレた思考回路というか。
結構この時点で、目立つじゃない。そういう人。
そんで、苦労話を面白くできる人って、
・苦労を面白がる、変態的なメンタリティ
・自分の苦労を面白く伝えられる変態的な頭の回転
・そもそも面白い苦労自体を引き当てる変態的な運、つーか引き当てるまで色々手を伸ばす変態的な行動力
な要素のどれか、もしくは全部を備えてるワケです。
こういう人は、
友達、恋人、先輩、後輩、上司、部下、同僚、仲間、などなど、
あらゆる人間関係において、
とても貴重で重要なんだ。
学校やら、職場、人がたくさんあつまる場所に、
こういう人ひとりはいるでしょ?
ちょっと似てるかもしれないけど。
不幸自慢とは違うぜ。あれ面白くねーからな。
不幸は、ちゃんと不幸として語ってよ。そういう風にきかせてよ。きくから。
不幸自慢じゃなくて、苦労話エンターテイナーな感じの人。
いそうであんまり多くないでしょ?
そんで結構その人、時々いじられつつも一目置かれてるでしょ?
必ず一緒にいて幸せになれる。
だって、
誰しも苦労はするから。
その苦労に向き合う時に、そういう人が側にいるって思うだけで安心するじゃない。
その安心が、自分の行動範囲を広げたりするじゃない。
側にいなくても、
「あの人ならこうするのかな。」
みたいな遠くから及ぼす良い影響すら持たせてくれるじゃない。
というところまで考えて。
これから初めましてをたくさん迎える上で。
苦労した話を聞く機会があったら。
特に耳を傾けましょう。
入院した病室の人間模様で笑かしてくるような奴がいたりしたら、必ず仲良くなりましょう。
そんな人達とたくさん仲良くなりましょう。
もしいなかったら。
いなくても、必ず出会いましょう。
苦労話を面白くできる、そんな自分と初めましてをしましょう。
-------------------------------
-------------------------------
■新曲『ログアウト』無料配信中
もしよかったら、
あなたのポッケに入れて、
外に連れ出してやってください。
コチラから無料ダウンロードできます。
■つぶやいてます。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
■ホームです。
Riverside Creature official website
-------------------------------
-------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。