仕事だから、で切り離すのが自分の甘えとかじゃなくて近しい誰かだったら。

『仕事』という言葉を使うのに少し気をつかうようになった。
言葉自体は結構好き。

「この領分に」って決めた場所に注げるだけのエナジーを持ち寄る強い意志を伴った行動、みたいな感じ。
小説『木を植えた男』のイメージ。
森ひとつ再生させるくらいの偉業の可能性を持つようなのが『仕事』には含まれてる。ような気がする。

ただ、この仕事という言葉を耳にする日常で少しずつイメージが変わってきた。
結果、あまり乱発できなくなった。
あと単純に無職だったことが多かったのも原因。『仕事』に敏感になったんだ。
「あと」とかサブっぽく言ったけど正直に白状するとむしろこっちが主な要因だ。

遠ざかるほどに鮮明に意識にのぼるもの、それが『仕事』だ。
『仕事』の持つまぶしさは持たざるものの羨望の眼差しにこそ通るようです。

教壇の上で知識を授けるのも仕事だし、
性的に倒錯したおっさんの股間を蹴り上げるのも仕事だ。

行為はなんであれ、受け手とか報酬とか、そういう条件が揃ってたらそれはもう仕事だ。
だから森ひとつ再生させるくらいの意気込みで『仕事』する、そんな男に私はなりたい。
先生は生徒に学問の道案内をしてほしいし、嬢は今夜も全力で蹴り上げていてほしい。

ただ日常的に「仕事」と口にした瞬間に『木を植えた男』感とは違う何かが漂う。

「ごんめー!その日仕事だ。ごんめー!」

みたいな時の『仕事』

この『仕事』には土を掘り両手で苗を包み天候を見守るような熱心さよりも、
自分を誰かを切り離す道具のような安直さを感じるんだ。
仕事を理由にデート断られた男の恨み言のようだろうそうだろう。

「仕事だから」と言われれば引き下がるしかないみたいな破壊力。
仕事が理由であれば、仕事以外の出来事の遅刻やドタキャン、棚上げやフェードアウトもなんか仕方ないかなみたいな雰囲気がある。将軍家の家紋入り印籠みたいだな『仕事』。

逆に、それだけ『仕事』というのは人の為す行為の中で重視すべき尊いものであるということです。
両手で包み込んだ苗です。やがて森になる大事なやつ。

それだけ威力を持ってるから便利に「ごんめー!」って軽く使ってしまった時の「こっち側には入ってこないでね」と切り捨てるようなナイフ感。あれさみしいよな。
「パパはお仕事だから。」が最初のナイフ体験だった人は多いんじゃないかしら。でもきっとパパやママは両手で苗を支えるイメージの『仕事』で使ってたと思うぜ。そういうことにしとこうぜ。

「仕事と私、どっちが大事なのよ!?」

っていうあのお決まりのセリフも。彼女は仕事そのものよりも、『仕事』っていう切れ味の良い道具に文句があるんだろうな。日頃からそれを振り回してると彼女の中では 仕事=私を切り捨てる刃物 みたいな扱いになる。
本当は苗イメージなのに。だから「どっちが大事なのよ」みたいな並べられ方をすると「今の時点の不満だけで文句言いやがってこの女」ってな具合になるよな。いつか森になって一緒に木の実を集めながら散歩とかしようって思ってるのに!って。
仕方ねぇ。刃物としてその言葉を使ってきてたんだから。

っていうようなことを考えると、『仕事』って言葉を、舌の上に乗せるのには少し躊躇してしまう。
でもひとりの時は大丈夫。だから今すごい乱発してる。ゲシュタルト崩壊。

そしてひとりの時は、刃物のイメージもとても心強い。
「仕事だ。」って自分のためにこの言葉を使うと、行く手を阻む藪やらツタやらをバッサバッサ切り落としていけるような勇まし感とか、あと「切り進めていかないとヤバい。俺ヤバい。」っていうアドベンチャー感出てくる。拓いてるぜ!未開の地!みたいな刃物イメージからの、苗!

いつか森になる『仕事』を。

でもデート断る時は「仕事で」って言ってほしい。嘘でもいいから。